猫の心臓病

猫の心臓病は一般的ですが、しばしば無症候性です。猫の心臓の問題の兆候、さまざまな原因、診断と治療のオプション、および自宅で心臓病患者のペットを管理する方法を認識することを学びます。

関連: 犬の心臓病

  • 猫の心臓病の原因

    猫の心臓病は頻繁に診断され、猫の飼い主にとって恐ろしい状況になる可能性があります。猫の心臓に影響を与える可能性のあるさまざまな病気があります。

  • 糸状虫病

    糸状虫病は、肺の血管と心臓に住んでいる寄生虫によって引き起こされます。糸状虫病は蚊によって広がり、いくつかの種で見られています。犬は非常に敏感です。猫は、単一の糸状虫によっても深刻な影響を受ける可能性があります。

  • 猫の心臓病の兆候

    心臓病の猫の多くは無症候性であり、心臓内の異常によって心臓が機能不全になり正常に機能しなくなるまで、疾患の兆候は見られません。

  • 心臓病と心不全の診断

    犬と猫の心臓病や心不全の診断には、いくつかの異なる検査方法の組み合わせが必要です。



    以下の14の5に進みます。
  • 猫の心臓病と心不全の治療

    犬や猫の心臓病や心不全の治療に使用されるさまざまな薬があります。選択される薬は、存在する心臓病の種類、犬または猫の全体的な健康状態、心臓病の重症度によって異なります。

  • 心疾患または心不全の猫の在宅ケア

    心臓病の猫は、自宅で特別な注意と監視が必要です。自宅での猫の適切なケアと監視は、心不全の発症を遅らせ、ペットの状態が悪化した場合に警告するのに役立ちます。

  • 心疾患は心不全と同じですか?

    心臓病は一般的に犬と猫の両方で診断され、診断はペットの飼い主にとって不安で混乱を招く可能性があります。心疾患と心不全の違いを認識することは重要です。

  • 猫の心雑音

    心臓の雑音は猫に見られることがあり、猫の飼い主として、あなたの猫が雑音を持っていることを知って動揺することがあります。猫は、獣医が聴診器で猫の胸に耳を傾ける身体検査の際に一般的に検出されます。

    以下の14のうち9に進みます。
  • 猫の心筋症の種類

    猫の心臓病を引き起こす可能性のある多くの異なる状態がありますが、心筋症は一般的に診断される心臓病の一つです。猫の心筋症にはいくつかの異なるタイプがあります。それぞれに異なる原因があり、それぞれに異なる治療方法が必要になる場合があります。

  • 猫の肥大型心筋症(HCM)

    HCMとも呼ばれる肥大型心筋症は、猫で診断される最も一般的な心臓病です。中年から高齢の猫で最もよく見られますが、どの年齢の猫にも影響を与える可能性があります。

  • 肥大型心筋症(HCM)の猫の症状と診断

    肥大型心筋症(HCM)の猫は、兆候が明らかになると、最も一般的には中年から高齢者になります。しかし、肥大型心筋症はあらゆる年齢の猫に影響を与える可能性があります。

  • 猫の拡張型心筋症

    肥大型心筋症(HCM)は猫でより一般的に診断されますが、拡張型心筋症(DCM)も時折見られます。

    以下の14のうち13に進みます。
  • 拡張型心筋症:診断と治療

    肥大型心筋症の結果、心筋が厚くなり、心腔が小さくなる場合、拡張型心筋症により、心腔が拡張または拡大します。猫の拡張型心筋症の診断と管理について学びます。

  • 読者の反応:ペットの心臓病について教えてください

    兆候は最初は検出が困難な場合がありますが、咳、運動不耐性、呼吸困難は、心臓(および肺)の問題の一般的な兆候です。

    あなたが最初に気づいた兆候、診断は何でしたか、ペットの治療はどうですか?

If you suspect your pet is sick, call your vet immediately. For health-related questions, always consult your veterinarian, as they have examined your pet, know the pet's health history, and can make the best recommendations for your pet.