無穀物ドッグフードと心臓病

無穀物のドッグフードと心臓病には関連性がありますが、500頭以上の犬で報告されている拡張型心筋症の原因はまだ不明です。犬の飼い主は、調査に注意し、穀物を含まない食物を与えているか、犬が拡張型心筋症を起こしている可能性があるかどうかについて獣医師と話し合う必要があります。

調査対象は何ですか?

食品医薬品局(FDA)は、2014年1月から2019年4月までに犬の拡張型心筋症に関する515件の報告を調査しており、そのうち219件は2018年12月以降に発生しています。 FDAの発表の時間。この多数の報告に先立って、拡張型心筋症の報告は毎年1〜3件しかFDAに届きませんでした。 DCMの診断は複雑で費用がかかる可能性があるため、報告されていないDCMのケースが多くあります。最近のレポートの流入により、この深刻な心臓病の原因が何であるかを決定するための調査が行われました。

どんな食品が関係しているのでしょうか?

報告された症例の91%は穀物を含まない食品に関係し、報告されたドッグフードの93%は成分リストにエンドウ豆および/またはレンズ豆を含み、42%はジャガイモまたはサツマイモを含みました。 10以上のケースで16のブランドが特定されており、大多数はドライキブル形式でした。特に、5つのブランド(Acana、Zignature、Taste of the Wild、4Health、およびEarthborn Holistic)が症例の48%を占めていますが、これらの犬のいくつかは複数のブランドの食品を食べていました。

おそらく拡張型心筋症に関連する無穀物のドッグフード

  • アカナ (67件)
  • Zignature (64件)
  • 野生の味 (53件)
  • 4健康 (32件)
  • アースボーンホリスティック (32件)
  • ブルーバッファロー (31件)
  • 自然の領域 (29件)
  • フロム (24件)
  • メリック (16件)
  • カリフォルニアナチュラル (15件)
  • ナチュラルバランス (15件)
  • オリジン (12件)
  • 自然の多様性 (11件)
  • ニュートリソース (10件)
  • ニュートロ (10件)
  • レイチェル・レイ・ニュートリッシュ (10件)

他のドッグフードブランドも報告された症例に関与していましたが、それらに関連する症例は10未満でした。

拡張型心筋症とは

心臓病には多くの異なる種類がありますが、拡張型心筋症は調査中の特定の心臓病です。拡張型心筋症(DCM)は、心筋が薄くなり、伸びて、本来のように血液を送り出すことができない場合に発生します。時間が経つと、これにより心臓が肥大または拡張し、結果としてうっ血性心不全が発生する可能性があります。 DCMは深刻であり、最終的に死を引き起こす可能性があります。

この拡張型心筋症の原因は何ですか?

タウリン(アミノ酸)の吸収と、メチオニンとシステインからの合成とその排泄は、潜在的な原因として見られていますが、他の食事要因も評価されています。タンパク質、脂肪、水分、粗繊維、総食物繊維、可溶性繊維、不溶性繊維、総澱粉、および耐性澱粉の量も調べられています。



これらの症例からの死亡した犬の剖検も、生き残った犬に対する多数の実験室テストおよびペットの飼い主への質問とともにレビューされています。この調査で特定された穀物を含まない食事との因果関係があるかどうか、または偶然であるかどうかは不明です。遺伝学および環境要因も役割を果たしている可能性がありますが、調査は進行中です。

報告された食品の多くにはエンドウ豆、レンズ豆、ジャガイモ、および/またはサツマイモが含まれていたため、これらの成分の1つ以上が懸念される可能性があると推測されています。何も確認されていないため、これはまだ推測にすぎません。

また、病気に対する認識の高まりが、診断および報告されるより多くの症例で役割を果たす可能性があります。

犬の拡張型心筋症の兆候

  • エネルギーの減少
  • せき
  • 微妙な心雑音

関係する犬の飼い主は何をすべきですか?

犬の飼い主が穀物を含まない食物を与えている場合、または犬の気になる症状に気づいている場合は、獣医師と相談する必要があります。穀物を含む食品への食事の変更が推奨され、タウリン濃度が測定され、獣医が犬の身体を完全に作動させた後、心機能を評価するために心エコー図が実行されます。これらのテストの実行後にDCMが診断された場合、FDAにレポートを提出する必要があり、疾患を管理するために、所見に基づいて「薬および/またはサプリメント」を推奨することができます。

どのドッグフードブランドが安全ですか?

犬のDCMのこれらの報告の原因は誰にもわかりませんが、それらの大部分は穀物を含まない食品に関するものであるため、多くの獣医師は穀物を含む食事に切り替えることを推奨しています。

歴史的に、犬の食事は犬の栄養要件を満たすように処方されてきました。人間のマーケティング傾向が穀物を含まないオプションに移行するにつれて、ペットフード業界は、穀物を含まないドッグフードの幅広い選択を提供する新しい会社に追随しました。これらの企業の多くは、獣医栄養士が食品を開発していないため、このDCM調査で発見される可能性があるなど、栄養の安全性が懸念されています。この調査が完了するまで、獣医栄養士によって開発され、質の高い食事を生産してきた長い歴史を持つ会社によって作られ、アメリカ飼料管理協会によって設定された基準を満たす「犬に餌を与える」ことをお勧めします食品試験で決定された役人(AAFCO)。