猫の聴覚のすべて

確かに、人間よりも猫のほうがはるかに強いのは嗅覚だけではありません。猫の聴覚は人間の感覚よりも著しく優れています。

人間と猫は音階の下端で同様の聴覚範囲を持っていますが、猫ははるかに高い音を聞くことができます。 LSUの難聴と聴覚範囲に関する記事によると、猫の聴覚範囲(Hz)は45〜64,000であるのに対し、人間は64〜23,000です。これは、猫がスペクトルの両端、特にハイエンドで聞こえない音を聞くことができることを意味します。猫は人間の範囲を超えているだけでなく、犬の範囲を少なくとも1オクターブ超えています。

猫からの一般的な反応

猫の耳は、外耳道に音​​を引き込むように独自に設計されているため、30フィート先の茂みにネズミがカサカサと音を立てるように、遠くの音を聞くことができます。同様に、彼らの耳は音のより高い振幅に対してより敏感です。大音量の音楽に繰り返しさらされると、人間の聴覚が損なわれる可能性があることはよく知られています。猫が同じ原因による潜在的な難聴の影響を受けやすい可能性もあります。

ちなみに、猫を使った陸軍実験はこの理論を裏付けています。人間の聴覚障害評価アルゴリズム(AHAAH)によると、猫の耳に入る強い音からいくつかの聴覚障害が発生する可能性があることが研究により示されています。この研究は、麻酔をかけ(中耳の筋肉活動を排除するため)、ライフル銃を使用して異なるピーク圧力でインパルスが生成されるさまざまな場所にさらされた猫に焦点を当てました。

難聴の症状

難聴には、大きな騒音に対する無反応の経験から、睡眠から覚醒するのが困難になるまで、いくつかの症状があります。耳が聞こえない子猫は、同腹子の鳴き声を聞くことができないため、声が大きくなり、荒れた演奏をすることがあります。猫が見当違いに見えたり、外耳道が赤くなったり、その他の症状がある場合は、難聴につながる感染症の兆候である可能性があるため、できるだけ早く獣医に連れて行くことが重要です。耳の問題のその他の観察には、耳からの黒または黄色の分泌物、または触られるまで部屋にいることに気づかないなどの行動の変化が含まれます。

猫の耳を守る

大きな音楽や過度の騒音に対する猫の反応は、本能的な自己防衛の行為です。猫が送信している信号に注意し、部屋にいるときに音量を下げてください。



人間と同様に、猫は病気、感染、外傷、損傷、および単純な老齢のために、時間の経過とともに聴覚障害を発症する可能性があります。 Mutt Muffsのようなガジェットや、泡や綿球で作られたシンプルな耳栓でペットの聴覚を保護できます。

If you suspect your pet is sick, call your vet immediately. For health-related questions, always consult your veterinarian, as they have examined your pet, know the pet's health history, and can make the best recommendations for your pet.